「健康日本21」が提言する運動療法

「健康日本21」を推進する会(非公式)

記事一覧

運動療法で高血圧を撃退

健康な人生のために出来ること

運動療法で高血圧を撃退

運動療法を行う前に確認しておくべきポイント

運動療法を行う前に確認しておくべきポイント

健康日本21の最終報告からもわかるように、現代の日本では生活習慣病の増加が大きな問題となっています。それも国全体が豊かになったことの証拠ではありますが、深刻な生活習慣病の予防に我々日本国民の一人ひとりが取り組む必要があるのは確かでしょう。
そのために最適なのが運動療法です。日本人の多くは慢性的な運動不足と言われていますが、だからこそ運動療法を取り入れることで健康的な人生を送れる可能性がぐっと高まるのです。これから具体的な運動療法によるメリットについて紹介していきますが、その前にいくつか確認しておかなければならないことがあります。
まずは自覚症状についてです。例えば、普段から胸痛、動悸、息切れ、めまいなどがある人、運動による失神の経験がある人、そして慢性的に腰痛、関節痛などを患っている人は残念ながら運動療法は適していません。また、持病として心臓病、安静時心電図異常、腎臓病、肝臓病などを患っている人や関節や骨の障害を持っている人、そして生活習慣病の一部である糖尿病、高血圧症、高脂血症、肥満症などが重篤な人もまた運動療法は不適となります。
ただし、膝や腰に問題があるという人も温水プールでの軽い運動ならば問題ありません。また、高血圧の人などは降圧剤を上手く取り入れて運動療法の効果を高めることが望めます。

運動療法と高血圧

運動療法と高血圧

運動療法は特に血圧の正常化に役立ちます。高血圧症は、血液中の脂質が標準よりも極端に多くなってしまっている高脂血症とも密接な関連がある血圧が高い症状です。この高血圧症を放置してしまうと、動脈硬化がどんどん進行してしまうのです。動脈硬化の進行は狭心症や心筋梗塞をはじめとする心臓病の要因となります。
それ以外にも脳血栓、脳梗塞、更には足の閉塞性動脈硬化症なども招いてしまう非常にリスクの高いものなのです。血圧は体質と諦めてしまっている人もいるかもしれませんが、運動療法や食事療法によって十分に改善が期待できるものなので、悲観する必要はまったくありません。

運動療法による体質改善

運動療法による体質改善

適度な運動を習慣的に行うことで、高血圧の改善に効果が期待できます。

引用>>血圧ドットコム

血圧ドットコム 「血圧ドットコム」は、高血圧症の対策についてわかりやすく説明しているサイトです。

上記サイトにも書かれているように運動療法は高血圧症の改善に大いに役立ちます。特に、ウォーキングのように酸素を取り入れながら行う有酸素運動は高血圧症をはじめとする様々な疾病の予防・改善に効果的なので、ぜひ取り組んでみてください。その理由は有酸素運動により、高血圧の原因である、体内に溜まった脂質が消費されていくためです。
ただし、この効果を得るためには30分を目安とし、無理のない範囲である程度の時間続けることが大切になります。

生活習慣病入門記事

ページトップへ戻る