「健康日本21」が注目する大切な食事療法

「健康日本21」を推進する会(非公式)

記事一覧

最も大事な食事療法

健康な人生のために出来ること

最も大事な食事療法

食生活と生活習慣病の関連性

食生活と生活習慣病の関連性

健康日本21も注目している食事療法は、生活習慣病の予防、改善のためにもっとも重要な部分となります。食生活にどれだけ意識を向けて過ごせるかどうかでその後の人生を健康的に過ごせるかどうかが決まるほどです。
糖尿病、高血圧、脂質異常症をはじめとする生活習慣病の要因、生活習慣病そのものはライフスタイルのあり方と密接に関係しています。不規則な生活を送る、いつも睡眠不足、喫煙や飲酒の量が行き過ぎている、偏った食生活を送るなど、些細なことに感じるかもしれませんが、そういった生活のあり方が生活習慣病を招きます。
その中でも、もっとも重要なのが生活の基本である食生活なのです。他のどの部分にしっかりと気を使っていても、食事バランスが乱れていたり、食事を抜くことが多かったりしては、結局人生のどこかで健康を損なってしまうので注意が必要ということを覚えておいてください。

食事療法を取り入れることによる効能

食事療法を取り入れることによる効能

では食事療法についての説明をしていきましょう。食事療法とは、カロリー量を計算しながら食事メニューを考えたり、栄養バランスをしっかりと考慮した食事メニューを取り入れるようにしたりといった基本的なことが要となります。忘れがちですが、規則正しく3食ちゃんと食事をとるようにするということも食事療法の一環として含まれます。このように日頃の食生活を見直すことにより、生活習慣病を予防、また病状を改善しようというのが食事療法の最大の目的となります。
大事なのはバランス良く、規則正しく食事をとるということであり、何か一定の栄養素を積極的にとるようにするとか、そういったことではありません。食事療法を開始し、継続できれば、肥満の解消、血糖値や血圧の正常化、血中脂質の改善といった効能を得られることでしょう。極端な話、食事療法を正しく、そして根気強く続けることができれば、病院での治療や投薬に頼らず生活習慣病を克服することさえ可能です。

食事療法は少しずつ取り入れていく

食事療法は少しずつ取り入れていく

食事療法のメリット、効果の高さについて説明しましたが、いきなり基礎知識も不十分なまま食生活を思いっきり変えようとはしないことです。

たんぱく質が体内で有効に利用されるよう、エネルギーは不足しないようにしましょう。

引用>>東京都病院経営本部

東京都病院経営本部 「東京都病院経営本部」は、安心安全で信頼される医療を実現しようと改革に取り組んでいます。

上記の東京都病院経営本部の提言にもあるように、急激な食生活の変化により、必要な栄養素が不足しがちになってしまうかもしれません。そうなれば、せっかくの食事療法も逆効果になってしまいます。まず、自身の体調を確認しどの部分の改善が必要かを考えてみましょう。そしてかかりつけの医師や看護師に相談してみるのも忘れてはいけません。そうして慎重に、少しずつ食事療法を取り入れていくのです。

生活習慣病入門記事

ページトップへ戻る